カテゴリ:日記( 1 )

娘、ワークショップに行く

娘が参加したとあるワークショップ。

普段集めているもの、大事にしているもの、いわゆる宝物を持参して、
4歳から12歳のこどもたちがプロの方と一緒に
プレゼン&ディスカッションをするという概要。

持参品はキャラクターや市販のおもちゃはNG。
何を持って行ったらと考え抜いた結果、

図鑑NEOの危険生物
つきちゃん(ツキノワグマのぬいぐるみ)
化石入りのハムスターのポーチ(博物館のガチャ)
ブラちゃんのだいぼうけん(自作の絵本)※1

生物全般が好きな娘の愛着のある品々を持参し、
出来る限りのプレゼンをしてくるよう送り出しました。

保護者は観覧禁止だったため、
私は入り口で声をかけたお母さん2人とお茶をすることになりました。
なんとなく話せる気がすると思った直感は大当たりで、
共通項もたくさんあり、2時間ほど喋りっぱなし。
同じ場に子をつれて来た親ということもあり、
親同士も仲良くなり、連絡先も交換してまたの機会がある予感!

お迎えの時に中を覗かせてもらうと、
自由時間で楽しそうに遊ぶこどもたちの傍らに、
こどもたちの宝物がずらり。

手作りのおもちゃ、
石、昆虫、お手紙、ぬいぐるみ等、
かわいくて温かな宝物が見られてほっこりしました。

こういう場でないと出会うことのないお友達と、
宝物について話をしたり触れさせてもらったり、
互いが愛着のあるものをみんなに伝えたいと思う気持ちは、
自然と友達の輪を作り上げていけるので良いものだなと思いました。

こどもと一緒に親も一歩踏み出す

大人になるとなかなかその一歩が難しいけれど、
無邪気な娘に習って、私も交流の輪を広げられるよう、
公私共に積極的に頑張ろうと思います。


おまけ
e0170671_21144932.jpg
娘のブラちゃんの絵と人形

※1 ブラちゃんとは娘作の絵本『ブラちゃんのだいぼうけん』に出てくるキャラクター。植物食恐竜、ブラキオサウルスがモデル。



by melmelmeelme | 2019-01-28 23:03 | 日記