貯金箱の必要性

小さい頃から貯金箱にお金を貯めるのが憧れでした。

牛乳瓶の形の貯金箱
缶の貯金箱
ポスト型の貯金箱などなど、
数々の貯金箱を手にしてきました。
しかしなかなか貯まらない。
というより貯められない。
貯められないから憧れる。
それが貯金箱と私の関係でした。

そんな貯金箱との戦いを20年くらい続けた頃だっただろうか。
ある貯金法を始めて以来貯められるようになり、
ついに憧れを手にしたのです。

その名も『シルバー貯金』

ここで言うシルバーとは50円、100円、500円のことで(1円のシルバーは含まない)、
3つのルールを設けて貯金を始めました。

ルールその1
“財布の中にシルバーがある時は全部入れる”
毎日でなくても気づいた時に入れることを習慣づけます。
あぶく銭なんかも入れるといいよね。
中身を両替して1000円札を入れるのも◎
こういうときはシルバーでなくてもよしとします。

ルールその2
“いつでも開けて使ってよい”
これで気後れすることなくシルバーを入れられるため、
フルスピードで貯まるシステムになったのです。
これを始めて5年は続いています。

ルールその3
“目的を決める”
目的があるというのも重要なことで、
前回はインテリアを買うためにこつこつ貯めていきました。
とは言え最初から目的があるわけではないので、
貯めながら目的を見つけたり変更したりしていくので良いと思います。

今回はムーミン、marimekko、ARABIA(パラティッシ、ムーミンマグ)など、
今フィンランドのものが気になるので、
フィンランドに行くための貯金をすることにしました。
大きく出たので小さな貯金箱ひとつでは足りません。
e0170671_20423961.jpg

数年前に姉にもらったフィンランド製のゾウの貯金箱。
もうすぐ青のゾウがいっぱいになるので今回は開けずに、
同じく先日姉にもらった白のゾウに貯めることにしました。
e0170671_2042395.jpg

そして先日娘に買ってあげたシロクマの貯金箱。
フィンランドの銀行のノベルティを復刻させたデザインのもので、
このシロクマにもフィンランド貯金に一役買ってもらおうと思います。
そしてこれがいっぱいになったらMK Tresmerのムーミンの貯金箱を購入する予定。
今回はフィンランドづくしで挑みます。

目標期間は3、4年後

いずれ娘には私のシルバーを入れてもらう係と、
まずは自分で1円、5円、10円から頑張ってもらうつもりです。
そして娘にとって貯金箱との関係が、
楽しいものになってくれると嬉しいです。
by melmelmeelme | 2013-12-14 23:48
<< 2013年もありがとうございました! おやつハンカチ通販のお知らせ! >>